肥後小国駅


宮原線は本来「菊池」を目指して建設されていた
なぜ菊池?などと思う方もいらっしゃると思うが
別に計画線に挙げられていた 瀬高~肥後大津の中間地点の菊池を目指していたと説明がつけば
納得していただけるのではないだろうか?

肥後小国駅は本来中間地点の交換駅になるはずであり、その線形で造られていたが
この先の路線は開通することなく宮原線の終点の駅として終生をおくった

線路はこの駅までしか敷かれていないが、
駅の奥の方には陸橋や右にカーブする切り通しが見え、この先を造ろうとしていた痕跡がうかがえる

宮原線は恵良駅で分岐してからひたすら勾配を登ってくるが
キハ20等のDMH 1エンジン車が入っていた
同じ1エンジン車として共通運用していたキハ40が登板した日は
各駅に停車する度に3分~4分早着してしまい「50馬力の差」を見せつけていた

カラーネガで撮った写真だが
いい色が出ないので潔くモノクロにした
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

訪問いただきありがとうございます
プロフィール

クル・クモル

Author:クル・クモル
鉄道が好きで撮ってきた写真たち。
新旧関わらずぼちぼち紹介していこうと思います

拍手やコメントは励みになります
名前は洒落です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロ友さんのページです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる